日本機械工具工業会

平成29年度 環境大賞・環境特別賞

環境大賞

●京セラ株式会社八日市工場

 高レベルの環境マネジメントのもと地球温暖化防止、廃棄物削減の各環境活動に積極的に取組まれ組織的な仕組み(基盤)が確立されており、 改善の推進力も高いと判断します。
 生産拡大の局面にあっても改善実績を着実に積重ね、今回の環境調査で昨年に続き連続で総合評価第1位の実績です。
 これらの環境管理活動は他社の規範となるものであります。





環境特別賞

●京セラ株式会社 岡谷工場

 2015年度40%、2016年度は20%と、2年連続でCO2原単位排出量を大幅に削減さ、それに加えて廃棄物においても、再資源化率100%を維持しながら、3年連続で排出量を大幅に削減するなど効果をあげられています。





●三菱日立ツール株式会社 成田工場

 再資源化率はほぼ毎年100%を達成しており、エネルギーの生産高原単位も2012年から毎年減少し、2016年の2012年比は10.8%向上しました。
 現状の高いレベルに満足することなく、改善活動を更に活性化し、効果をあげられています。

 



●三菱日立ツール株式会社 野洲工場

 廃棄物対策に継続的に取り組まれ、5年間以上の長期にわたり、再資源化率99%以上を達成されています。
 さらに2016年度には、総廃棄物量で前年度比19%削減、再資源化率でも前年度比0.4%向上と、現状の高いレベルに満足することなく、改善活動を更に活性化し、効果をあげられています。

 



●レッキス工業株式会社

 従来より環境管理活動に継続的な取組みを実施し2014年から(3年)連続してCO2原単位排出量を削減しています。
 又、廃棄物対策の取組みについても継続的な活動が顕著にみられ5年間以上の長期にわたり、ゼロエミッションに対する取組みをされており効果が確認できます(過去6年再資源化率99%以上)現状の高いレベルを維持しながら更に継続的な効果をあげられています。